管理人管理人

私は読者さんたちからの強烈な推奨があり、27インチiMacを購入した。人生で初めてのiMacだった。その判断は大正解だったと思っているし、私の中でも過去最高クラスの作業効率化ができていると満足している。だが、1つだけ不満が出てきてしまった。それは、27インチiMacを母艦としたときに私の周辺機器はデカいし重すぎる。という事だった・・・[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
もし、あなたが新型iPhone(2018)を検討中なら・・・

9月12日のイベント後、総文字数2万文字の記事を執筆。2晩でコメント総数160件超!新型iPhoneのすべてがココに!!


【在庫がどんどん無くなってます!】iPhone Xs, Xs Maxの予約はこちら→Apple公式Docomo公式ソフトバンク公式au


どこで買うべき?→最安値はどこ?新型iPhone(2018)の価格を比較【Docomo, au, SoftBank or SIMフリー】


全機種を完全比較→購入は待て!Apple信者が新型iPhone (XR, Xs, Xs Max)を徹底比較


iPhone 8, 8Plusと比較→どっちが買い?iPhone 8, 8 PlusとiPhone XRを完全比較


あなたにオススメの新型iPhoneはコレ→3452人にアドバイスしたApple信者が教える新型iPhone(2018)の選び方

はじめに:私の現在の環境

メイン機:27インチiMac
サブ機:13インチMacBook Pro、12.9インチiPad Pro

上記の3つを組み合わせて日々の作業を行っている。はっきり言って私の自宅は過去最高の作業効率環境が整っている。

それに不満はない。

MacとiPadを組み合わせることにより最高の作業効率化を実現できるという私の信念に従い、これらを順番に揃えていき、ついにたどり着いた環境だとも言えるだろう。

特に27インチiMacは当ブログ読者さんがオススメしてくれた結果、購入した初めての製品ということもありかなり愛着が湧いている。私が2018年に唯一購入したApple製品でもある。

しかし、私には1つだけ悩みがある。ここ1年くらいずっと悩み続けていたことが・・・

辛い・・・辛すぎる・・・

重い。とにかく重い。

私は自宅でiMacを母艦としているので、大量の文字入力や、2画面で作業を完了させた方が早く仕事が終わるものに関しては、iMacを利用している。

そして、外出先では、13インチMacBook Proと12.9インチiPad Proを使っている。

私の仕事、そして日々の英語学習などはMacとiPadの2つが揃ってこそ最大限に効率化できる。どちらかが欠けても私の生活は成り立たない。

だからこそ、私は13インチMacBook Proと12.9インチiPad Proを持ち歩いていたのだが・・・はっきり言って重い。

カフェに行く時などであれば、自宅である程度の仕事を終わらせてどちらかに絞って持って行くことはできるが、ちょっとした遠出や、知り合いのオフィスに行くときなどには両方とも持っていきたい。

特に飛行機に乗ったり、新幹線に乗ったりするときは特にそうだ。着替えやその他のものも含めると圧倒的に重くなる。そしてかさばる。

カバンの中に石が詰まっているような感覚にも陥る。

私は、12.9インチiPad Proも13インチMacBook Proも大好きで大好きでたまらないので、その愛ゆえに両方を持ち歩いてきたのだが、限界が訪れた。明らかに肩がこる。そして重い。

圧倒的に重い。

だからこそ、この計画を思い立ったわけだ。

そうだ!27インチという最高の環境が自宅にあるのだから、荷物を軽量化させよう!と。

27インチiMac母艦化計画とは?

私が目指すのは、

自宅→27インチiMac
外出先→軽量化したApple製品を常に持ち歩く

という2つ。考えてみれば当たり前なのだが、快適性を目指せば、製品のディスプレイは大きくなるので、製品は重くなる。だから使い分けが重要だと最近気づき始めた。

だが、ただ新しいApple製品を購入検討するだけでは意味がない。私が思う最も重要なことは、「すべてのApple製品を稼働させること。これができないのであれば、Apple信者ではない。」そう思っている。

埃をかぶった製品ほど可哀想なものはない。使われてくるために生まれてきたのに、たった1年やそこらで埃をかぶっては製品に失礼だろう。売却という手段もあるかもしれないが、それも否。

13インチMacBook Proには私が独立し始めた時の思い出が、12.9インチiPad Proには英語のスキルを飛躍的に伸ばしてくれた感謝が、詰まりに詰まっている。

だから、私が思う最高の環境とは、すべての製品を完璧に稼働させて、かつ、いついかなる場所でも私が思う最高のApple製品に囲まれた環境を構築することだ。

私が絶対に持ち歩きたいもの

さて、荷物の軽量化を思い立った私だが、私は一体何を持ち歩きたいのだろうか?自宅では私はこれ以上ないくらいに最高の環境で仕事ができている。不満は一切ない。

問題は持ち歩く製品。一応列挙してみると・・・

  • 13インチMacBook Pro:1300g
  • 12.9インチiPad Pro:700g
  • HHKB (Bluetoothキーボード):530g
  • WH-1000XM2 (Bluetoothヘッドホン):275g
  • その他(モバイルバッテリー、MacBook Proの充電器、ソニーのコンデジなど)

全てを持ち運ぶどうかは移動する距離にもよるのだが、これらは私にとっては必須の製品だ。

今もHHKBで入力しているが、やはり私にとって文字入力はHHKBは最も早いし快適。いくら打っても疲れないという快適性もある。(HHKBのレビューはこちら)

一方で、WH-1000XM2だが、これまた最高。ノイズキャンセリング機能を使えば、カフェ、飛行機の中などのうるさい場所でも完璧に自分の世界に入って集中ができる。(WH-1000XM2のレビューはこちら)

HHKBについては1日、2日の外出であれば、持っていかないことはあるかもしれないが、WH-1000XM2は絶対に持ち歩く。読者さんに熱心にオススメされた製品でもあるし、愛着は強い。

13インチMacBook Proと12.9インチiPad Proについては必須。これらがないと仕事ができない。

つまり、私は全てを持ち歩く必要があるというわけだ。

これらを全て持って行く際、特に辛いのは海外に行く時。圧倒的に辛い。重い。泣きたくなる。ホテルで仕事をするのは滞在するホテルにもよるが、快適な椅子もない場合も多いので私は外出して仕事をすることが多い。

仕事ができそうなカフェや、ネットの強いレンタルオフィス的な場所を探すのも醍醐味だと思っている。その際、私は両方の機種を持っていきたい。

ただ、重さが辛すぎる。

当ブログのコメント欄やTwitterでも同じ悩みを持っている人は多いようなので安心したのだが、遠方に出張したり、海外に行くと、荷物の軽量化に本当に本当に悩む。

私の場合は超重量のカバンを持ち歩くことになるので、せっかくの観光っぽいことも楽しめない。だから、心の底から本当に本当に軽量化がしたい。ここ最近そればっかりを考えるようになった。

それに加えて、日常生活においてもその重さは足枷となっている。自宅にiMacがあっても外出する機会は多い。人に会うときや、気分を変えたいときに外出するなど。さらに、レストランで食事する際にも、ふと仕事がしたくなりMacとiPadが必要になることがある。

だが、今の状態だと、MacかiPadしか持っていけない。となると、せっかくいいアイディアを思いついても外出先でリマインダーに登録してから自宅に帰ってから仕事をするという対応しかできない。

帰宅してからでも、一応仕事はできるのだが、アイディアの熱量や鮮度が落ちてしまう。せっかく脳が超集中モードに入ろうとしているのにそれは勿体無い。勿体無すぎる。

Mac1台で全てを完結させたり、iPad1台で全てを完結させたり、色々とと試してきたのだが、私にはそれが完璧にはできなかった。結論はMacもiPadも必要。

だから、理想は「MacとiPadを常にカバンに入れておくこと」。これが私の答えだった。そのために必要なのはより軽量化させること。

しかし・・・

どうしてもMacBook Proとだけは一緒にいたい

全Apple製品の中で、私が最も愛しているのが13インチMacBook Proだ。私がすべてを失い0から頑張ろう。そう思った時に思い切って購入した製品でもある。

それから、ずっとずっとこの13インチMacBook Proと頑張ってきた。

だから、私は13インチMacBook Proを持ち歩かないと言う選択肢は排除してきたし、常に持ち歩きたいそう思ってきた。

でも、iPadも持ち歩きたい。そう考えると、12.9インチiPad Proを持ち歩く必要がある。

どうにかならないかと思い、悩み続けて、iPhoneをiPad化しようと思ったけどダメだった。→iPhoneほぼiPad化計画Vol.1「スタイラスペンと折りたたみキーボードの実験開始。」

カバンを軽くしてみればいいのではと思ったけど、やはりそれでも重かった。→【レビュー】Porter Tanker Daypack(19L)を1ヶ月使い続けた分かった7つのこと

「もう仕方ないかなぁ。」そう思って、半ば諦めていたのだが・・・

あう事がきっかけで、私は1つの光を見ることになった。

次回予告:悩みまくった末に、辿り着いた「読者さん達が教えてくれたこと」

本当にどうしようか悩んでいた。

iMacで仕事は完璧にできるけれども1年のうちに3〜4ヶ月は私は自宅にはいない。仕事にもよるだろうが、ありがたいことに最近は忙しいし、自分でやりたいことも多いので自宅に帰れない場合も多々ある。

だからこそ、外出先で身軽に動ける環境が必要。

マジでどうすればいいんだ・・・

そう1年間思い続けた結果、私は愛するブログの愛する読者さん達から希望を見ることになった。

そうか・・・私が間違っていたのか・・・と、頑固な私が無視していたとある事実といよいよ向き合うことになる。

あぁ、、、そう言うことだったのか。。

次回予告:私が気づいた「2つの希望」

続きはこちら→27インチiMac母艦化計画vol.2「12インチMacBookはゴミなのか?」