管理人管理人

iPad miniがまさかのアップデート。私は即買いした。当ブログにも続々と購入報告が届いている。だが、本当にiPad miniは多くの人にとって必要なものなのだろうか?私が新型iPad mini(2019)を購入した理由を独断と偏見で当記事では述べてみたいと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


6月18日(火)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2019年6月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

はじめに:私が購入したモデル

私が購入したのはこちらのモデル。

・新型iPad mini
256GB
スペースグレイ
Wi-Fiモデル

容量については、過去にiPhone 6sを使っていた時に約3年で容量がいっぱいになってしまったので、動画やPDFデータなどを大量に出し入れするiPadならそれ以上に容量が必要だろうと思って256GBを購入した。

Wi-Fiモデルを購入した理由はこちらを参照→ iPhone所有者はiPadセルラーモデルを絶対買うな!私は後悔してます。

私が新型iPad mini(2019)を購入した7つの理由

購入した理由は、「軽いから」「小さいから」という部分も大きいのだが、私のライフスタイル的にもiPad miniはぴったり合う。以下の私が購入した理由は、あなたがiPad miniを検討する際のヒントになるものがあるかもしれない。

詳しい仕様の比較はこちら→【2019】新型iPad miniまとめ「やめとけ、落ち着け、買わなくていい。」

1、サブ機として超優秀だから

私は現在、13インチMacBook Pro、もしくは、12.9インチiPad Proを外出先では使っているのだが、どちらも持ち出すと流石に重いしかさばる。

ゆえに、一方だけを持ち歩くのだが、よくあるパターンとしては、「あぁ、Macを持ってきておけばよかった。」「あぁ、iPadを持ってきておけばよかった。」というもの。

そのため、ずっとiPad mini 4を買おうかどうか迷ってきた。

迷ってきたが・・・iPad mini 4はApple Pencilに対応していない。だからこそ、購入には至らずにずっとモジモジしてきた。

そんなモジモジ君の前に突如現れた新型iPad mini。買わない理由がなかった。これで「Mac」「iPad」を常に持ち歩ける最高の環境が手に入った。

2、軽いから

圧倒的。圧倒的に新型iPad miniは軽い。3つの主なiPadを比較してみるとその軽さが際立つ。

・12.9インチiPad Pro
631 g(Wi-Fiモデル)
・iPad mini
300.5 g(Wi-Fiモデル)

・iPad
469 g(Wi-Fiモデル)

私の所有している愛機12.9インチiPad Proと比較すると、重さは約半分。これなら持ち運びやすい。

3、小さいから

前述しているように、12.9インチiPad Proを私は愛機としているのだが、時折問題になるのはその重さではなく、カバンに入れた時の占有面積だ。

大きさを比較してみると圧倒的に違う。

12.9インチiPad Pro
高さ
280.6 mm

214.9 mm

iPad mini
高さ
203.2 mm

134.8 mm

これならバックパックの前ポケットにすら入る。そのミニマルなサイズ感なら、どこまでも持っていける。

【レビュー】Porter Tanker Daypack(19L)を1ヶ月使い続けた分かった7つのこと

4、Apple Pencilに対応したから

iPad mini 4のアップデートを待っていた人たちからすれば願いは1つだった。

頼むからApple Pencilに対応してくれ!!!

その願いが叶ったのだから、ポチッと購入ボタンを押さないわけにはいかなかった。値段なんてほとんど見ずに買ったくらいだ。

5、新しいサイズを試してみたかったから

実は恥ずかしながら、私はiPad miniの7.9インチサイズを使ったことがない。今まで、9.7インチサイズ、12.9インチサイズをずっと愛用してきた。

自分の知らない世界には新しい発見が必ずある。

と、信じている私にとってはiPad miniは必ず試すべき対象だった。そのiPad miniが大幅にパワーアップしたとなれば、買わない理由はない。

6、MacBook Proのサブディスプレイとして使えるから

私は自宅では27インチiMacに24インチの外部ディスプレイを接続して利用している。

大画面ディスプレイ2つで常に作業している私にとっては外出先で13インチ程度のディスプレイ1つでは全く物足りない。せめて2つはないと作業が円滑に進まない。

iPhone XS Maxをサブディスプレイにして頑張る時もあったのだが、やはりやや画面が小さいし、そもそもApple Pencilが使えないのも痛すぎる。

その点、新型iPad miniは最高のサブディスプレイになると思う。MacとiPad miniの連携は本当に最高。

27インチiMac6ヶ月目レビュー「iPadとの連携が便利すぎて気絶しそう。」

7、旅先・出張先に持って行きやすいから

iPad持ってきたらよかった・・・

そう後悔することが今までに何度も何度もあった。Apple PencilとiPadがないと私の体はそわそわする。iPadがないと仕事ができない。iPadがないと日々の作業が円滑に進まない。

だからと言って12.9インチiPad Proだけを持っていくと、Macでしか動かないようなアプリを動作させる必要が出てきたりする場合に非常に困る。

ずっとずっと悩んでいた。

だけど、もう悩む必要はない。少しの間の外泊であれば、13インチMacBook ProとiPad miniだけを持っていけばそれですべてが解決する。

あぁ、iPad miniありがとう・・・

今日のお告げ「ついに発売された最小の最高スペック機」

最高の名機だ!!!

とは言えないのがiPad miniではあるのだが、Macのサブとして常に持ち歩くには非常に魅力的な機種ではあると思う。Apple Pencilに対応したばかりではなく液晶がフルラミネーションに対応していたり、チップがプロモデルと遜色ない化け物スペックになっていたりするのもありがたい。

ただし、価格が高すぎる気がする。

Wi-Fiモデル 45,800円〜
セルラーモデル 60,800円〜

というのは安いとは言えない。そう考えると、あの小さなボディに価値を見出せるような限られた人にのみ需要のあるタブレットとも言えそうだ。

私も使い込んでみて、「やっぱり9.7インチ買えばよかった。」と思う可能性だってある。ただ、新しい製品を試すのはワクワクするので、購入後はしっかりと継続してレビューをしていきたいと思う。

詳しい仕様の比較はこちら→【2019】新型iPad miniまとめ「やめとけ、落ち着け、買わなくていい。」