管理人管理人

2020年版の13インチMacBook Proがキターーーーーー!!!!!というわけで、2020年版のMacBook Pro(Thunderbolt端子2or4)とMacBook Airの合計3種を当記事では比較していきたい。私の結論は少し意外なものになるかもしれないが…[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月30日(月)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

まず結論

私が絶対的におすすめする機種の選び方は、

・初めてのMac or スペックを要する作業をあまりしない→MacBook Air
・Touch Barを試してみたい→Thunderbolt端子2つの13インチMacBook Pro
・スペックを要するアプリをほぼ毎日使う→Thunderbolt端子4つのMacBook Pro

となる。

おそらくこれが最も後悔の少ない選び方になると思う。そして一番おすすめするのは13インチMacBook Airだ。

Thunderbolt端子2つのMacBook ProはTouch Barお試し版の中途半端なスペックだし、Thunderbolt端子4つのMacBook Proはスペックを要するアプリをほぼ毎日使うようなプロ向けのモデル。

ほとんどの人には13インチMacBook Airで十分すぎるほどのスペックだと思う。

と、私の結論をお伝えさせていただいたところで、以下、各機種の重要な違いを比較していこう。

2020年モデルのMacを徹底比較

詳細な仕様の比較についてはAppleの公式比較表を必ずチェックしておこう→Mac比較ページはこちら(Apple公式)

1、CPU

・MacBook Pro (Thunderbolt端子4つ)
2.0GHzクアッドコアIntel Core i5
2.3GHzクアッドコアIntel Core i7
※いずれも第10世代

・MacBook Pro (Thunderbolt端子2つ)
1.4GHzクアッドコアIntel Core i5
1.7GHzクアッドコアIntel Core i7
※いずれも第8世代

・MacBook Air
1.1GHzデュアルコアIntel Core i3
1.1GHzクアッドコアIntel Core i5
1.2GHzクアッドコアIntel Core i7
※いずれも第10世代

注目すべき点はThunderbolt端子2つのMacBook Proのみが第8世代を採用しているということ。

第10世代と第8世代の違いは大まかに言えば、グラフィック性能の違い。第10世代の方がグラフィック性能は大幅に向上していると言われている。

【イベントレポート】「第10世代Coreは内蔵GPU性能がはじめてAMDを超えた」。IntelがCESで新世代CPUの性能をアピール – PC Watch

しかし、2020年版のMacBook Airは省電力のYシリーズが搭載されている。

「MacBook Air(2020)」ついに発売 CPUはIce Lakeだが…… – ITmedia PC USER

と、考えると、

  • MacBook Airは省電力で、基本性能は抑えているけど、グラフィック性能はそこそこのモデル?
  • Thunderbolt端子2つのモデルは基本性能は高めだけどグラフィック性能は抑えめ?
  • Thunderbolt端子4つのモデルは基本性能もグラフィック性能も高め

という結論になる。

この辺りベンチマークだけを見比べてもあまり意味はないので、実際の作業でどれだけ時間がかかるのか?動画書き出し時間がどれだけ違うのか?などの比較検証をレビュワーさんたちが行うのを待つことになりそうだ。

ただ、私の個人的な意見としては、

MacBook Air→十分すぎる性能
Thunderbolt端子2つのMacBook Pro→???
Thunderbolt端子4つのMacBook Pro→プロモデル

という印象を持っている。Thunderbolt端子2つのMacBook Proのターゲット層がわからない。やはりTouch Barお試しモデルと捉えた方がいいのだろうか。

2、メモリ

・MacBook Pro (Thunderbolt端子4つ)
最大32GB

・MacBook Pro (Thunderbolt端子2つ)
最大16GB

・MacBook Air
最大16GB

同時に動画編集・画像編集・Windows(Parallelsなど)のアプリを立ち上げておく人にとってはメモリ32GBは非常に魅力的。

私はタブもたくさん開くので・・・めちゃくちゃ惹かれている。メモリ40GBのiMacを普段から使っているからこそわかるのだが、16GBと比較したときに32GBはめちゃくちゃ快適になる事間違いないと思う。

参考→【Mac】カスタマイズすべき?メモリ8GB VS 16GB?577名へアンケート取ってみた

3、グラフィック性能

・MacBook Pro (Thunderbolt端子4つ)
Intel Iris Plus Graphics

・MacBook Pro (Thunderbolt端子2つ)
Intel Iris Plus Graphics 645

・MacBook Air
Intel Iris Plus Graphics

CPUの世代による違いがここに顕著に現れている。ベンチマークスコアについては以下の違いがある。

ノートパソコンのGPUベンチマークと性能比較【2020年最新版】 | BTOパソコンミニ館

ただし、このスペック差による”体感差”についての情報は発見できなかった。おそらく”信じられないくらいの違い”は体感できないと思われる。基本的には1世代変わったくらいでは劇的な体感差はそれほど感じられない。

4、重さ

・MacBook Pro (Thunderbolt端子4つ)
1.4 kg

・MacBook Pro (Thunderbolt端子2つ)
1.4 kg

・MacBook Air
1.29 kg

重量さは110グラム。この程度の違いであれば、重さの違いはほぼ感じない。

気にする必要はないと思う。

5、色

・MacBook Pro (Thunderbolt端子4つ)
シルバー
スペースグレイ

・MacBook Pro (Thunderbolt端子2つ)
シルバー
スペースグレイ

・MacBook Air
シルバー
スペースグレイ
ゴールド

MacBook Airのみゴールドに対応している。個人的にはこれは大きな違いだと思う。

当ブログには「ゴールドが好きで揃えています!」という方々からたくさんのコメントが届いている。そういう方々にはスペックを超えて、MacBook Airを選ぶ理由があるだろう。

6、価格

・MacBook Pro (Thunderbolt端子4つ)
¥188,800(税別)〜

・MacBook Pro (Thunderbolt端子2つ)
¥134,800(税別)〜

・MacBook Air
¥104,800(税別)〜

価格差をどう考えるかは人によるとは思うのだが、個人的にはThunderbolt端子2つとMacBook Airの間に存在する価格差3万円は無駄な3万円だと思ってしまう。

その2機種の違いはTouch Barくらいしかない。そして、Touch Barには3万円を出すほどの価値はないと思う。いや、ほぼ間違いなくない。

当ブログを運営し始めて3年目だが、1万件超のコメントの中に「Touch Bar便利ですよ〜。」というコメントは2件しか届いていない。ほとんどの人は「まぁ、あってもなくてもいいかな。」という意見。

Thunderbolt端子4つのMacBook ProはCPUスペックも高く、メモリも32GB積めるためプロの方にはいいかもしれないが、Thunderbolt端子2つのモデルは・・・中途半端なモデルだと言わざるを得ない。

最後に「Mac選びで一番大切なこと」

ここまでスペックを淡々と比較してきた。ただし!そんなことはあまり重要ではない。最後にこんなことを言うのは間違っているかもしれないが・・・

あなたが気になって気になって仕方ないMacを買うべき。それが一番の正解。

と、私は思っている。

1つ例を出そう。
1年ほど前にApple Storeの店内で20代前半の学生さんらしき女性がApple Storeの店員さんと話していた。

「15インチMacBook Proは大きいけどなんだかかっこいいんです!Touch Barって未来っぽくて欲しくなります!でも、高いんでバイトしながらお金貯めてるんですよね〜。」

と言っていたのを隣で聞きながら私は「ええやん。」と心の底から思った。

当記事内で書いているように、

CPUは〜
グラフィックは〜
Touch Barは〜

などと伝えるまでもない。そこまで欲しいなら買ってみて壊れるまで使い込むだけでいいと思う。直感で選んだ製品を大切に大切に使い続ければ、今、想像しているよりも膨大なスキルや知識を得ることができる。

自分の直感で選ぶ

大好きな製品を得る

毎日使いたくなる

毎日触りたくなる

スキルや知識が身に付く

もっと使いたくなる

さらにスキルや知識が身についていく

という好循環のループは必ず発生する。間違いなく。

当記事内で私は「Thunderbolt端子2つのMacBook Proにあまり価値はない。ただのTouch Barお試しモデル」と強い言葉を吐いてしまったが、もし、あなたが「とりあえずTouch Barを試してみたい!ワクワクする!」と言うのであればそれは素晴らしい決断だと思う。

私は止めはしない。むしろ、

えぇやん。
素敵やん。
美しい話やん。

と心の底から思うし、法が許すのであれば、AirDropでおじさんの微笑み自撮り写真を送ってあげたいくらいに喜ばしいこと。

どうかあなたが素敵なMacを手に入れられますように。