管理人管理人

「Apple製品をどんな順番で購入して揃えていけばいいのか分かりません。」というコメント(記事の要望)をいただいたので当記事にて回答させていただきたい。最後の最後でややカオスになってしまったが・・・[@appleshinja_com]

Apple製品を購入検討中のあなたへ

Amazon公式のApple製品ポイント還元率がヤバい事になっているのをご存知だろうか?

※現在、品切れの製品も多い上に、還元率は頻繁に変わるので早めにチェックしておこう


M1 MacBook AirM1 MacBook ProM1 Mac mini


11インチiPad ProiPad Air無印iPadiPad mini12.9インチiPad Pro


Apple Watch Series 6Apple Watch SE


安く買うコツ

まず結論

だらだらと仕様をや購入する製品の順序を解説していってもあなたの時間を奪うだけなので、まずは結論から。

私がおすすめするApple製品の購入順序は、

1、iPhone

2、iPad

3、Mac

4、Apple Watch

の順番だ。

この順番には賛否両論はあると思うのだが、25,000件近くのコメント欄でのやり取りからこの順序が一番ベターであると私は確信している。特に1、2、3の順序は鉄板。

※「iPhone」「iPad」「Mac」の3つを合わせて三種の神器と当ブログでは読んでいる。詳しくは、Apple製品”三種の神器”論「直感は熟考を超える」 を参照視してみて欲しい。

この三種の神器の考えを基本として各機器を連携させていくことにより、Apple製品が本来持つ最高のポテンシャルを発揮させていくことができる。言い換えれば、”作業効率を最大化”させていくことができる。

※連携機能についてはこちらを要参照→作業効率MAX!Apple製品の連携機能14つを完全解説|AirDrop、純正アプリなど

では、まず買うべき順番の結論をお伝えさせていただいたところで、以下、

なぜ、この順番で買うべきなのか?
どうやって使い分けて行くべきのなのか?

という点についてそれぞれの機器ごとに解説していこう。

どのような目的で順番に使っていけば良いのか?

簡単にまとめておくとこのような感じで使い分けていく。

  • iPhone→なくてはならない存在。Androidでもいいかとも思ったが、やはり純正アプリの連携機能を考えると必要。将来的にApple Watchを使うことも考えれば必需品
  • iPad→インプット機(アウトプットももちろん可能)
  • Mac→アウトプット機
  • Apple Watch→健康管理、通知管理、作業効率性管理

始まりはiPhoneからが無難だと思う。以下、各機器をその順序で買う理由と共に、使い分け方を解説していこう。

1、iPhone

【iPhoneを1番目に導入すべき理由】

  • Apple製品を今後使っていくにおいてほぼ確実に必要になるから
  • スマホが必需品になりつつある現在、せっかく選ぶならiPhoneの方がいいから
  • 他のApple製品との連携機能のおかげで”圧倒的に楽”ができるから
  • Apple WatchはiPhoneがないと動かないから

【iPhoneをどのような目的で使っていくのか?】
最初に言っておくが、スペックやコスパなどで考えればiPhoneより良いものはたくさんある。

それでもiPhoneを使うべきなのは、

iPad、Mac、Apple Watchと連携させて使っていくことで得られる恩恵は、超ハイスペックAndroid機器を上回るものがある。

という明確な理由があるから。

純正のアプリ・機能を他機器と連携させて使っていけばiPhoneはより便利になる。

例えば、

  • 純正のアプリ(リマインダー、カレンダー、メモ帳)などは全機器で自動的に同期される
  • 毎年のOSアップデートにより便利な機能がどんどん追加される
  • AirDropを使いファイルを無線でやりとりできる
  • iCloudでデータを共有できる

などなど。挙げ始めればキリがない。

これらは実はAndroid機でも可能だが、その場合は、ほぼすべてのアプリを自分に合うものを見つけてきて、さらにバックアップなどを管理し、自分で設定やアップデートをチェックする癖をつける、ということが必要になる。

さらにiPadやMacと連携させるには、iPadやMacにもそのAndroid機で使っているアプリをダウンロードして同期させるようにしていかなくてはいけない。

そういった手順を踏むことが好きな方なら問題ないかもしれないが、そうでないのであれば「基本的に必要なアプリ、設定」についてはAppleに全て任せておいて、あとは自分がやりたいことに集中した方が効率がいい、と私は思っている。

これからApple製品を色々と使っていくのであれば、せっかくスマホを持つならiPhoneを持つことを私は強く強くおすすめする。

【iPhoneの選び方おすすめ記事】

【毎月更新中】今買うべきはこのiPhone以外ありえない!全モデル徹底比較

2、iPad

【iPadを2番目に買うべき理由】

  • 超効率的なインプット機として使えるから
  • インプットした末にやりたいことが明確になってくればMacを選びやすくなるから
  • iPhoneと使い方はほぼ同じなのですぐに使いこなせるようになるから
  • 簡単なアプトプットもこなすことができるから
  • 日々のすべての作業が効率化されるから

【iPadをどのような目的で使っていくべきか?】

iPadは絵を描いたり、簡単な動画編集・画像編集などアウトプット用の機器として活用できる。が、私はインプット機としての役割で使い始めるのがまずは効率的だと思う。

例えば、

  • ブラウジング
  • 電子書籍
  • PDF閲覧

などなど。何かしらの情報を処理していく場合、iPhoneでは画面が小さく、作業が非効率になってしまう。そこでiPadが必要になるわけだ。

そして、iPadでいろんな情報を得たりしているうちに何かやりたいことが出てくれば、自分がMacでどのようなスペックが必要なのかが分かってくる。その後、Macを購入すれば非常に効率的にMacを導入することができる。

と、ここで1つ注意点がある。

私は当ブログで「iPadはインプット機として非常に優秀。」と伝えすぎるがあまり、それ以外の用途で使う際には役に立たないような印象を与えてしまうが・・・

それはあくまでも”そうやって使った方が効率的に場合が多い”というだけであり、唯一無二の使い方ではない。究極的に突き詰めていけば、”iPadには日々のすべての作業を効率化できるポテンシャル”がある。

例えば、インプットインプットインプットと言うと電子書籍・PDFなどを考えてしまうかもしれないが、「ただ、ネットショッピングをするだけ」であったとしてもiPadを使えばより日々の時間が効率化されていく。

iPhoneと比較して大画面のiPadの画面であれば、サクサクとブラウジングしていくことが可能なのでネットショッピングのスピードも上がる。実際、私はネットで何か買う前には必ずiPadで情報収集してから購入検討をする。

そもそも、

  • ブラウジングのスピードを上げること
  • ネット上の情報を効率よく集めること
  • 電子書籍で効率的に知識を得ていくこと

を考える事は現代人にとって絶対に必要。これから長い人生で膨大な時間を費やすことになるからだ。

それならiPadは必ず必要だとは思えてこないだろうか?

還暦を迎えた私の両親がiPhone Plusシリーズを所有しているにも関わらず9.7インチiPad Proを囲んで「どの家具を買う〜?」とiPadを見ながら相談しあっていたのが何よりの証拠だと思う。

【iPadの選び方おすすめ記事】

【毎月更新中】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます

3、Mac

【Macを3番目に買うべき理由】

  • iPadでインプットを繰り返した末にやりたいことが明確になれば自分に必要なスペックを見極めることができるようになるから
  • 最高のアウトプット機として使えるから
  • iPhone、iPadと連携させて作業効率を最大化させていくことができるから

【Macをどのような目的で使っていくのか?】

iPad単体でできることもかなり増えてきたので、Macは必要なくなってきた。iPad1つでミニマリストの生活をしよう!

と、言いたいところなのだが、Macが必要なケースは多々ある。むしろほぼ必需品。やはり歴史の長さ、macOSの素晴らしさ、アプリの豊富ゆえに、Macでしかできない事は多い。

  • 動画編集
  • 画像編集
  • 音楽制作
  • 3D系の作業
  • Windowsを並行して動かす

などを行う場合にはMac版のアプリの方が高度なことができる。実際、プロ向けのアプリもたくさん出ている。

また、クリエイティブなアプリを利用せずに、テキスト入力が主になる場合であってもmacOSにはライブ変換機能というものが搭載されているため高速でタイピングがしやすい。

変換のためにスペースキーを押す必要はほとんどなくサクサクと文字を入力できるライブ変換機能は慣れるとやみつきになる魅力がある。

2年ぶりのレビュー。ライブ変換に改めて惚れ直したという話

私は当ブログの記事執筆・画像編集・動画編集などは全てMacから行っている。iPad1台だけで全てを行うこととMacの作業時間を比較した場合、1.5〜2倍ほどの差があると思う。

iPadが劣っているのではなく、両者は決定的に販売された当初のコンセプトが全く違うことが大きな理由だろう。

iPadはコンテンツ消費用のインプットデバイスとして、Macは何かを表現するためのアウトプット機として生まれて進化し続けてきた。だからこそ両者は補完し合うことができる。

だからこそ、私にとってはアウトプットを行う際にMacがない環境というのは考えられない。

とは言っても、iPad単体で満足できているうちにはそこまで焦ってMacを買う必要はない。

少しずつ少しずつ自分の必要なスペックやアプリの情報をiPadで集めてから最高のMacを手に入れよう。

【Macの選び方おすすめ記事】

【毎月更新中】今、買うべきMac(ノート型)はコレ!全機種を比較してみた

4、Apple Watch

【Apple Watchを4番目に買うべき理由】

  • 前述してきた三種の神器に比べれば生活に与えるインパクトは大きくはない
  • ただ、健康管理・通知管理は長い目で見れば非常に優秀な機能なので将来的には導入必須

【Apple Watchをどのような目的で使っていくのか?】

「Apple Watchが気になりますが、どうしても必要性を感じられません。」

という質問を私は当ブログ上で大量に受け続けてた。確かにおっしゃる通り。Apple Watchがもたらす恩恵というのは目に見えづらい。即効性を感じづらい。

健康管理にいいよー

と言ったとしてもそれがどのように役に立つのかはぼんやりとしたままだ。Apple Watchをつけると誰でも1時間は深く睡眠できるなどの明確なメリットがあれば別なのだが、そうでもないのでApple Watchの必要性を見出しづらい。

この辺りが理由でApple Watchは「絶対買い!」と強くおすすめはしづらいのだが・・・以前より、私がお伝えしているApple Watchの大きなメリットは以下の7つ。

1、通知を受け取れる
2、音楽を聴ける
3、予定を確認できる
4、天気を確認できる
5、LINEの返信ができる
6、睡眠をコントロールできるようになる
7、健康になれる

この中のいくつかに興味を惹かれるのであれば、購入を検討してもいいかもしれない。(詳しくは本当に必要?Apple Watch購入を迷っているあなたへ伝えたい7つのことを読んでいただければ幸いだ。)

それでも迷ってしまうあなたのために、もし、Apple Watchの魅力を一言で表すのであれば・・・「iPhoneからの解放」ということになると思う。iPhoneを捨てるわけではないのだが、通知をコントロールすることができるようになることでiPhoneを見る回数・時間が圧倒的に減る。

その結果、1日の時間がどんどん濃縮されていくため、自分が他のことに時間を集中できる。というメリットがある。私はここにApple Watchの価値を見出している。

また、そういった機能面からもたらされるメリット以外にも、バンドや文字盤を交換することができるが故の”日常の楽しみ”というメリットもある。

【読者さん参加企画】Apple Watchのバンドを13名分集めてみた。

一番人気はどれ?読者さん30名分のApple Watch文字盤を集めてみた

時計としての楽しみを増やしたい方にもApple Watchはおすすめだ。

【Apple Watchの選び方おすすめ記事】

【毎月更新中】今、買うべきApple Watchはどれ?全モデルを比較してみた

最後に

先日、素晴らしいコメントをいただいたので1つ紹介させていただきたい。

「深く考えずに買っちゃうのはダメでしょうか?iPhoneで写真をパシャパシャと撮っているだけで楽しいんです。」

という旨のコメントをいただいた。本当に感動した。深く考えずに買うのがダメなはずはない。「なんとなく楽しそう。」という理由で買ったってもちろんいい。高尚なことをしなくても、

大切な人とビデオ通話をするためだけにiPhoneを買ってもいい。
大切な人の写真を見るためだけにiPadを買ってもいい。
大切な人との思い出を編集するためだけにMacを買ってもいい。

理由はなんだっていい。ただ、興味が向くままに買ってみると良いと思う。そもそもテクノロジーはただの小さな興味・好奇心・向上心を原点にして成長してきた。

  • パーソナルコンピュータは各家庭に1台コンピュータを設置するという未来を夢見た2人の男(Apple創業者)の野望から始まった
  • ウェブは学者さんが世界をより良くするために世界を繋ごうとしたから広まった
  • iMovieは家族の動画を誰でも簡単に感動するようなものに編集できるようにと始まった

いろんなものが、始まりは興味だったり、些細な好奇心からスタートしているのだからそれに対して「こんな目的で買ってもいいのかな・・・」と不安に思う必要は全くない。

その些細な好奇心から始まった自分が見る世界は、コーヒーのドリップペーパーを逆さにしたように。逆ファネルを形成しながら広がっていく。

小さな穴が徐々に大きな穴になるように。どんどん広がっていく。広がった先では今の自分が思いもしなかったような世界が待っている。

だから、もし、あなたが「なんとなくかっこいい!Macを使ってみたい!」と思うならこんな引きこもりApple信者の毛深いおじさんの記事なんて無視して直感に従って欲しいものを買えばいいと思う。

直感は熟考を超える。

当記事があなたの素晴らしい直感を刺激する一助になれば幸いだ。

【おすすめ関連記事】

【最新】Apple製品購入完全ガイド!絶対に後悔しない買い方まとめ

最新のApple製品を全比較!組み合わせ完全ガイド※14,000文字超