管理人管理人

iPadの全サイズを使い込みまくったからこそ伝えることができる“ディスプレイサイズのみの比較“当記事ではお伝えさせていただきたい。スペックではなくディスプレイサイズのみの比較だが、選び方としてはかなり重要なことだと思う。[@appleshinja_com]

スポンサーリンク
Apple製品を購入検討中のあなたへ

あなたは、平均15%安いApple認定整備済製品をもうチェックしだろうか?(当ブログ調べ) 毎日、新しい製品が入荷されるので必ず確認しておこう。


11月26日(木)の入荷情報はこちら→Apple認定整備済製品をチェックする


私が2020年11月現在、オススメしている公式整備済製品はこちら


Apple公式サイトの比較ページもチェックしておこう


→Mac比較ページ→iPad比較ページ→iPhone比較ページ


Apple公式サイト(TOPページ)

ディスプレイサイズのみを比較

当記事では、本体スペックではなくサイズ感だけを比較してみた。そう言えば、2年前、3年前にも同じような記事を書いたことがある。

ぜひ、当記事と合わせて以下の記事も読んでみていただければ幸いだ。

iPadの全ディスプレイサイズを完全レビュー【9.7,10.5,12.9インチ,mini】

【2019】iPad”神”買い物術「ディスプレイサイズで選ぶべし」

11, 10.5, 10.2インチ

【箇条書レビュー】

  • 万能な黄金サイズ
  • 重さも軽さもちょうど良い
  • なんでもこなすことができるサイズ
  • 悪く言えば器用貧乏
  • Split Viewで分割して使うこともできる
  • 電子書籍閲覧で画面が小さいと感じることはない
  • 外付けキーボードと組み合わせて使えばアウトプットもできる
  • 鞄に入れやすい

私が当ブログ開設当初からずっとおすすめしているのが、このサイズ。現在は11インチiPad Pro、iPad Air、無印iPadが存在するがボディのサイズはそれほど違いはない。

ジョブズ氏が考案しこだわり抜いた9.7インチサイズこそがiPadの黄金サイズだ!と私は思っている。

インプットなら、画面の大きさゆえにiPhoneよりも高速ブラウジングできるし、外付けキーボードを組み合わせればアウトプットもできる。また、Split Viewで画面を分割させて使う際にもそれほどストレスなく使用ができる。

デメリットがない最高のサイズ感であることは間違いない。

私は母に9.7インチiPad Proをプレゼントしたのだが、毎日使わない日はないくらい気に入っているようだ。ネットショッピング、ブラウジング、動画閲覧、写真閲覧、SNSと全てにおいて活用中。

スマートキーボード付きでプレゼントしたので、文章入力をしたりすることもあるようだ。詳しくは聞いていないが、日記を書いたりしているみたい。また、Apple TVと連携させてAirPlayを使ってiPadの映像を映して大画面でみたりしているらしい。

寝転びながら使ったり、机の上にスタンドさせて使ったりとやりたい放題。

ただ、この黄金サイズのデメリットを1つ挙げるとすれば“器用貧乏“ということくらい。

私は、Split Viewを最大限に活用したり、雑誌を見開きで見たりするために12.9インチiPad Proへと乗り換えた経緯がある。その辺りの経緯は以下の記事を参考にしてみてほしい。

iPad Pro12.9インチ購入計画 vol.1「9.7インチと比較」

とはいえ、初めてiPadを購入するならこのサイズのiPadが最もおすすめだ。

【おすすめ関連記事】

【2020】11インチiPad Proのレビューを3名分集めて分かった34のこと

【レビュー】11インチiPad Pro(2020)を2週間使ってわかった16のこと

12.9インチ

【箇条書レビュー】

  • 仕事ができる
  • Split Viewでガシガシ作業できる
  • 絵を描く人にめちゃくちゃ人気
  • 外部キーボードと組み合わせれば最高の使い心地
  • iPadでやりたいことが決まっているなら最強
  • 鞄に入りづらい
  • 重い
  • デカい

最強のiPadとして長らく人気のiPadが12.9インチiPad Pro。本気で仕事や学業をしたい人にかなり人気の印象がある。特に絵を描く人たちは「12.9インチiPad Proじゃないと書けない。」と意見も多い。

私は12.9インチiPad Proでタイピングをしたり、雑誌や漫画を見開きで見たり、大画面でApple Pencilを使ったりとやりたい放題ではあるのだが・・・

相当、気合の入った使い方をする人でない限りは12.9インチiPad Proはおすすめしていない。

この辺り、感覚的な話になるのだが、

取り回しのしやすいサイズ感

どこにでも持ち運ぶことができる

どこでも使うことができる

どんどんスキルや知識が向上していく

という好循環が生まれるためには「自分自身が使いやすいと感じることができるサイズ感のiPad」が必要になる。その観点で考えると、12.9インチiPad Proは少し大きすぎる。鞄にも入れづらい。(と、個人的には感じている)

私が15インチMacBook Proではなく、13インチMacBook Proを使っているのも取り回しのしやすいサイズ感だから。

  • 鞄に入れやすい
  • 持ち運びやすい
  • 机の上で使いやすい

と感じられるiPadを手に入れることは、実は自分のスキルや知識の向上に繋がる。

12.9インチiPad Proは自宅や職場で据え置きで使う時間が長い人のためのiPadだと思う。

【おすすめ関連記事】

【1万文字レビュー】12.9インチiPad Proを2年使ってわかった29のこと

【完全レビュー】Apple信者が12.9インチiPad Proを1年使ってみた。

2020年版12.9インチiPad Proのレビューを6名分集めてわかった42のこと

7.9インチ

【箇条書レビュー】

  • Macを常に持ち運ぶ人には最高の相棒になり得る
  • 外出先で猛烈に活躍する
  • キーボードと組み合わせればアウトプットもできる
  • Apple Pencilでメモ書きも軽くならできる
  • 片手で持てる
  • 軽い
  • 小さい
  • 鞄に入れやすい

私はiPad miniを“恋Pad“と呼ぶくらいに気に入ってるしハードに使いこんでいる。本当にもう・・・最高。最高すぎる。

前述してきた通り、iPadはサイズ感が重要になるのだが、iPad miniのサイズ感は常にMacを持ち運ぶ人には最高の相棒になれる可能性を秘めている。

この辺りのふか〜い話については、2年間もがき続けたApple信者の答え「iPadとMacは両方持ち運ぶべき」を参考にしてみて欲しい。

私はMacもiPadも素晴らしいからこそ、それぞれの作業をそれぞれの機器で行うべきだと考えている。だからこそ「MacとiPadは常に持ち運ぶべき。」そして、そのために私が一番良いと考えている組み合わせが、

13インチMacBook Pro × iPad mini

の組み合わせ。この組み合わせ最強すぎる。

3、4年ずっともがき続けてやっとこの2つを常に持ち運ぶことが私のライフスタイルに一番合っていることが分かった。

ちなみに、私は過去に、

13インチMacBook Pro × 9.7インチiPad Pro
13インチMacBook Pro × 12.9インチiPad Pro

の組み合わせで持ち歩いたことがある。というか常に持ち歩きながら海外旅行もしたことがあるが・・・重すぎたり、大きすぎたりして不満があった。

MacとiPadを常に持ち運ぶならiPad miniは至高。

【おすすめ関連記事】

iPad mini (2019)のレビューを8名分集めて分かった59のこと

【写真59枚】狂気に満ちたApple信者の新型iPad mini(2019)レビュー

恋Pad。iPad mini(2019)を1年使ってわかった25のこと

今日のお告げ「初めてのiPadは・・・」

サイズ感だけで比較してみた当記事だったが、まとめると、

もし、あなたが初めてiPadを買うなら「9.7インチ系列のiPadを買うべき!」

ということになる。

12.9インチiPad ProやiPad miniは素晴らしいのだが、やっぱりこう、、、なんだろう、、、玄人向けな感じがする。というか、ガジェットオタク向け。

iPadを既に使ったことがあり、iPadの特性を見極められるのであれば12.9インチiPad ProやiPad miniはありだが、そうではなく、「iPadがなんとなく欲しい。」という方には12.9インチiPad ProやiPad miniはあまりおすすめできない。

まぁ、手に入れることが何よりも大切ではあるのだが・・・ぜひ、あなたにとって“最高のサイズ感“のiPadを手に入れてみて欲しい。

【おすすめ関連記事】

【毎月更新中】おすすめiPadはどれ?人生を変えるiPadの選び方教えます